中3物理【力の合成・分解】

スポンサーリンク

1.力の合成

■力の合成
2つ以上の力を1つにまとめること。

■合力
力の合成によってまとめられた力のこと。

■力の合成の作図手順

ある2力F1とF2を合成するとします。

①F1と平行な直線を引く。(F2の矢印の先端を通るように)

②F2と平行な直線を引く。(F1の矢印の先端を通るように)

③ここまでの手順で平行四辺形ができていますね。この対角線がF1とF2の合力です。

※作図ができない!という人は
↑の図の点線がF1やF2の矢印の先端を通っていないことが多いです。
気を付けましょう。

2.力の分解

■力の分解
1つの力を2つ以上の力に分けること。

■分力
力の分解によって分けられた力のこと。

■力の分解の作図手順

ある力Fを直線ℓの方向とmの方向に分解するとします。

①ℓと平行な直線を引く。(Fの矢印の先端を通るように)

②mと平行な直線を引く。(Fの矢印の先端を通るように)

③ここまでの手順で平行四辺形ができていますね。
この平行四辺形の辺が分力です。

3.斜面上の物体の力の分解

斜面上の物体にはたらく重力を分解するケースがもっとも多いでしょう。

この場合,
分解する方向は
「斜面に平行な方向」と「斜面に垂直な方向」
であることがほとんどです。
力のつり合いなどの問題でも困ったらこの2方向に分解をしましょう。

先ほどと同様の手順で平行四辺形をつくります。
この場合は平行四辺形の中でも長方形になってしまいますね。
長方形の辺が分力となります。

■このページのポイント

・合成,分解の作図は平行四辺形をつくることを意識。
・その際,平行線は矢印の先端を通るように。
・斜面上の物体の重力の分解が頻出。必ずできるように。

スポンサーリンク



トップへ戻る