中1化学【質量と重さ・体積】

スポンサーリンク

1.質量と重さ

■質量

物質そのものの量。

場所によって変化しない。(月でも地球でも同じ!)

上皿てんびんで測定する。

単位は 【g】【mg】【kg】 など。

1kg=1000g1g=1000mgの関係がある。

■重さ

重力の大きさのこと。

場所によって変化する。(月と地球では異なる!)

ばねばかりやニュートンばかりで測定。

単位は 【N】【g重】【kg重】など。

重さとは「重力の大きさ」のことです。

「重力」は地球などの天体がそばの物体を引く力です。
→【力のはたらき】←も参照。)

力なので、重さの単位は【N】を使います。

(【g重】や【kg重】は昔使っていた単位)

わたしたちは地球の重力に引き寄せられて普段生活していますね。

でも月に行くことになったら…?

月が物体を引く重力の大きさは地球の約6分の1です。

地球で体重計に乗ると「60kg」と表示された人が月で体重計に乗ると「10kg」と表示されるのです。

ですがその人がやせたわけではありませんよね。(↓の図)

その人をつくっている物質の量は変わりません。

このように物体をつくっている物質の量を質量と言います。

まとめると

重力・・・場所(星)によって変わる

質量・・・場所(星)によって変わらない

となります。


※「あの人の重さは60kgです」という文章は、理科ではおかしいのです。

「重さ」は「重力」のこと。

つまり「力」なので、単位は【N】を使わなければなりません。

ですからこの文章を理科的に正しい言い方をすると

「あの人の重さは600Nです」

または

「あの人の質量は60kgです」

となります。

2.体積

■体積

(正しくはないが)大きさのこと。

メスシリンダーを用いて測ることが多い。

単位は【L(リットル)】【mL(ミリリットル)】【m3(立方メートル)】【cm3(立方センチメートル)】など。

※次のような関係がある。
1m3=1m×1m×1m=1000000cm3
1L=1000mL=1000cm3

メスシリンダーを用いた体積の測定

①液体の場合

メスシリンダーに液体を入れます。

そして、メスシリンダーの目盛りを正確に読みましょう。

その際のルールは

液面と同じ高さから読む

液面の水平な部分の目盛りを読む

最小目盛り(1目盛り)の10分の1の位まで読む

の3つ。

例えば次の場合。

この目盛りを読むときは、矢印の方向(液面と同じ高さ)から、点線の部分(水平な部分)を読みます。

このメスシリンダーの1目盛りは1cm3です。

その10分の1は0.1 cm3です。

0.1 cm3って小数第1位までありますね。

「1目盛りの10分の1の位まで読む」とは、「この場合は小数第1位まで読み取る」

ということです。

「66 cm3」ではなく「66.0 cm3」と読むのが正解です。

②水に溶けない固体の場合

まずメスシリンダーに水を入れます。

その後、体積を測定したい物体をメスシリンダーに沈めます。

このとき液面がどれだけ上昇したかでその物体の体積を求めます。

↓の図の場合を考えます。

56.0-40.0=16.0cm3の物体が沈んだと考えるのです。

POINT!!

・重さ・質量・体積はまったくちがうもの。

・重さは、重力の大きさのこと。単位【N】を使う。

・質量は、物質そのものの量のこと。単位【g】などを使う。

・体積は、物体の大きさのこと。単位【L】や【cm3】などを使う。

・メスシリンダーは、水平な部分を真横から見て、目盛りを読み取る。

トップへ戻る