中3生物【*特殊な遺伝】

このページはやや発展的な内容が含まれます。
難易度はそんなに高くはありませんが、公立高校では出題されにくいでしょう。
→【遺伝の規則性】←を理解していることが必須です。

スポンサーリンク

不完全優性

エンドウの種子の形はしわがありましたね。(対立形質)
そのため種子の形をにする遺伝子をAしわにする遺伝子をaとすると
種子の形がのエンドウ・・・・AAまたはAaの組み合わせの遺伝子をもつ
種子の形がしわのエンドウ・・・aaの組み合わせの遺伝子をもつ
でした。
Aaの組み合わせの場合、優性の法則が成り立ち優性形質が現れました。

しかし優性の法則が成立しない種というのも存在します。
オシロイバナマルバアサガオがその例です。

マルバアサガオの例で考えてみましょう。
マルバアサガオの花の色には赤色白色があります。
純系の赤色のマルバアサガオの遺伝子をAA
純系の白色のマルバアサガオの遺伝子をaa
としましょう。

これらをかけ合わせると、
できる子が持つ遺伝子はすべてAaです。
通常であればここで優性の法則により、優性形質が現れます。
(丸としわでは丸の方が優性であり、丸としわの中間の形質になることはない)

しかしマルバアサガオの花の色のには優劣がありません
Aaという遺伝子をもつ場合、赤と白の中間である桃色になるのです。

ではAaの遺伝子をもつマルバアサガオで自家受粉をしてみましょう。
(Aaのマルバアサガオのめしべに自分のおしべの花粉をつける)
通常であれば
AAAaaa=1:2:1
であるので
優性形質劣性形質=3:1
となります。(↓の表)

しかしマルバアサガオの花の色の赤と白には優劣がなく
Aaの遺伝子をもてば桃色の花になるので
=1:2:1
となるように子が現れます。(↓の表)

複対立遺伝子

エンドウの種子の形はしわがありましたね。(対立形質)
そのため種子の形をにする遺伝子をAしわにする遺伝子をaと2つのアルファベットを使いました。

人間の血液型を決める遺伝子は2種類ではなく3種類あります
この遺伝子をA・B・Oの3つのアルファベットを使います。

これらについても優性の法則が成り立ちます。
ABOより優性です。(OABより劣性)
しかしABには優劣はありません。(不完全優性)

これらのことから
遺伝子をAAともつ → 血液型はA型
遺伝子をAOともつ → 血液型はA型(優性の法則による)
遺伝子をBBともつ → 血液型はB型
遺伝子をBOともつ → 血液型はB型(優性の法則による)
遺伝子をOOともつ → 血液型はO型
遺伝子をABともつ → 血液型はAB(AとBには優劣はないため)
となります。

反対に血液型から見ると
血液型がA型 → 遺伝子の組はAA。またはAO
血液型がB型 → 遺伝子の組はBB。またはBO
血液型がO型 → 遺伝子の組はOO
血液型はAB → 遺伝子の組はAB
となります。

ではAOの父親(つまりA型)とBOの母親(つまりB型)からできる子はどのような血液型になるか考えてみましょう。
↓の表より

A型B型O型AB型=1:1:1:1
になります。
つまりどの型も4分の1の確率で生まれる可能性があるわけです。

致死遺伝子

ハツカネズミの毛の色には灰色のものと黄色のものがあります。(対立形質)
灰色が優性形質で、黄色が劣性形質です。
よって毛を灰色にする遺伝子をY黄色にする遺伝子をyとすると
毛が灰色・・・YYまたはYyの2通りの組み合わせが考えられます。
毛が黄色・・・yyの組み合わせが考えられます。

しかしハツカネズミは
YYという組み合わせをもつと母親の胎内で死んでしまう
という特殊な遺伝(致死遺伝)が起こります。
Yyyyの組み合わせの遺伝子をもつ子は生まれますが、YYの子は生まれないのです。

たとえば「Yyの遺伝子をもつ雄」と「Yyの遺伝子をもつ雌」がたくさんの子を生んだとしましょう。
本来であれば
YYYyyy=1:2:1
となるように子が生まれるはずです。

しかしYYの子は生まれることはないので、実際には
YYYyyy=0:2:1
となります。

つまり
灰色の子:黄色の子=2:1
の割合で生まれることになります。

スポンサーリンク



トップへ戻る