いまさら聞けないAIとかシンギュラリティとか

最近の本屋のビジネス書コーナーを歩いていると必ず目に入るのが、AIだとかシンギュラリティとかBIとかディープラーニングだとかの横文字。

私は専門家でもなんでもないですが、本や動画などで見たり聞いたりしたつたない知識でちょっと解説してみたいと思います。
おかしいところがあれば教えてくださいね。

スポンサーリンク

AIとは

Wikipediaより
人工知能(じんこうちのう、英: artificial intelligence、AI)とは、「計算機(コンピュータ)による知的な情報処理システムの設計や実現に関する研究分野」を指す。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E5%B7%A5%E7%9F%A5%E8%83%BD

これは聞いたことある人も多いでしょう。
人工知能のことですね。

AIが仕事をうばう、なんて話は世の中にごまんとあふれていて、このコラムでも何度か話しているんですが。

AIっていうと、人間と同等の思考力を持っていて、知識量は人間よりも多いロボットのようなイメージがある人も多いかと思います。

確かにAIが行きつく先はそういうロボットでしょう。
ドラえもんとかね。

ただそのようなAIをつくり出すためには技術が必要です。
AIロボットはAI技術の集積だからです。

例えばヒトと会話できるロボット。
そこには「Hey,Siri」や「OK,Google」でおなじみの音声認識技術が使われているわけです。
ほかにも画像認識技術機械翻訳などなど。
これらの技術がさらに発展、成熟していくことがAIロボットの完成を意味するわけです。

ドラえもんのような人間と同等の思考力をもつAIロボットの完成にはまだまだ時間がかかるような気がしますよね。
ただでさえ「Hey,Siri」と問いかけても完璧に会話をこなせるわけではありません。
あれはネットワーク上の統計データを活用しているに過ぎないので、そもそも会話とも呼べないのです。

一口にAIといっても、ドラえもんのようなAIロボットと音声認識技術などのAI技術は異なります。
人間の職業が奪われる云々の話はその違いを認識しなければ始まりません。

シンギュラリティとは

ここでいうシンギュラリティとはテクノロジカルシンギュラリティです。
本来は「宇宙空間でどうのこうの~」という意味があるようです。

Wikipediaより
シンギュラリティ(Singularity)とは、未来学上の概念の一つ。端的に言えば、再帰的に改良され、指数関数的に高度化する人工知能により、技術が持つ問題解決能力が指数関数的に高度化することで、(頭脳が機械的に強化されていない)人類に代わって、人工知能やポストヒューマンが文明の進歩の主役に躍り出る時点の事である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8A%80%E8%A1%93%E7%9A%84%E7%89%B9%E7%95%B0%E7%82%B9

めっちゃ難しいですね。Wikipediaの説明。
別名:技術的特異点といいます。

要はAIの発達により、AIの知能が人間を追い越して、人間生活がすげえ大きく変化するよ
というお話です。
AIの知能が人間の知能を追い越す地点ですね。

ドラえもんでも十分すごいですが、彼の知能はおそらく人間と同じくらいですよね。
それを超えて・・・となると。
わたしみたいた凡人には、どんな世界が訪れるのか想像もつきません。
AIの世界的権威であるレイ・カーツワイルさんという人がシンギュラリティについて2005年に述べたのが最初ですが、カーツワイルさんもどうなるかわからないと言っているそうです。

というか「AIの知能が人間の知能を追い越す」っていうのもわかるようでよくわからないし。

「AI VS 教科書が読めない子どもたち」という本ではシンギュラリティは
「AIが自分の力で新たなるAIをつくり出せるようになるとき」
とお話しされています。

で、多くの学者さんたちはシンギュラリティというのは本当にやってくるのか?を議論しています。
本当にやってくるのか?
それはまったくわかりません。
学者さんの意見も真っ二つ。
「AI VS 教科書が読めない子どもたち」という本では、
シンギュラリティは来ません
と書かれています。

AIロボットは文章を、意味を理解して読む、ということができないそうです。
たとえば
「私は岡山が好きです」
という文章。
人間であれば前後の文脈で判断が瞬時にできますが、AIには
「私は岡山という人が好きです」
なのか
「私は岡山県が好きです」
の区別がつかない。区別させるためにデータを入力し続けることも、実質不可能。

また2匹の犬が描かれている絵画2匹の犬が写っている写真
人間はすぐに「この2匹の犬はかわいいですね」と言えます。
しかしAIには「絵画」と「写真」を区別させるところから始まります。
つまり、同じ2匹の犬でも必要なデータはまったく異なるわけです。

そういわれると、ドラえもんの完成はまだまだはるか未来だなあ、とおもっちゃいますよね。

だけど確実に来る未来

・・・とAIには苦手分野が(少なくとも現状は)あるんですね。
ということはAIの苦手分野であれば人間は十分戦うことができる(生産性を発揮できる)とも言えます。
(「AI VS 教科書が読めない子どもたち」では、AIの苦手分野に付け入るスキはあるだけど・・・今の中高生も同じ分野が苦手なんだよ、ヤバいよねっていう本です。めっちゃおもしろいです。おススメです。)

ただし技術発展は進んでいます。
部分的なシンギュラリティや完全なシンギュラリティの一歩手前がやってくることはあるんじゃないでしょうか。
例えば画像認識技術が発展すれば刑事さんや警備員さんはもっと少なくてもよくなるかもしれません。
例えば機械翻訳の精度が飛躍的に向上すれば翻訳家さんの仕事はぐーんと減るかもしれません。

そういう風にいくつかの職業はなくなるでしょう。必ず。
江戸時代には川を小舟に乗って渡らせる橋渡しの仕事があったんですよ。
(わたしのご先祖はそれらしいです・・・)
でも今はないですよね。
橋もあるし、船もあるし。
タイプライターという、キーボードの原始的バージョンみたいな、文字を記述する道具があって、それを使いこなすのが花形の職業だったらしいです。
でも今はいないですよね。

今までも技術革新によって職業は移り変わってきました
これからもほぼ間違いなく変化していくでしょう。
この変化の波をどう乗り越えていくのか。
・・・と言っても目の前のことを一生懸命やる、好きなことを一生懸命やる(=それでスキルが身につきますよね)以外には、ないんじゃないかなあと思います。

この本もおススメ。
AI、というよりAI技術の発展で仕事がどう変わるか、とてもわかりやすく予想されています。
(まあ中で、著者の堀江さんは未来を予測しても無駄と言ってますが・・・)

トップへ戻る