単調作業は脳を退化させている

みなさんは、どんな風に宿題、問題を解いているでしょうか。

しっかり宿題こなせてますか?

いろんなコツや工夫がありますが・・・

今日は塾の先生らしく、もっとも大事なことをお話ししておきます!

スポンサーリンク

授業を思い出す

宿題をやるとき。
例えば数学で、方程式を解く問題が宿題として出されたとしましょう。

方程式をただ何となく解いていく・・・

のはもちろんだめです。

学校であれ塾であれ、
「このようなことに気を付けて解くんだよ」
「x=を必ず書くようにしよう」
「=の位置はそろえておいてね」
などさまざまなことを言われているはずです。

そのさまざまなことを思い出しながら解く

「ああ、このとき、○○に気をつけなきゃいけないよな~」
なんて思いながら解くことができれば最高です。

学校や塾の先生は「間違いやすいポイント」や「ミスしやすいポイント」を伝えてくれているはずです。
それをしっかり頭にしみこませるように、先生の話を思い浮かべながら解くのです。

○つけのあとが一番大事

解き終わればどうしますか?

・・・そのまま放置。

なわけないですよね!!

○つけをしなければいけません!

自分が解いたものが間違っているかどうかもわからずに、賢くなるわけないですよね。

さあ、○つけです。

・・・

○つけが終われば・・・

ゲームする!Youtube見る!

はい、これも大間違い

ここからが最も重要なんです。

え?はじめに全部解くという大変な仕事が終わったんだから、これで終わりだろって?

んなわきゃありません。

○つけって何のためにあるんでしょう?

あなたの考え方、解き方が正しいかどうかチェックするんですよ。

「ああこの解き方でよかったんだな」

そうホッとしながら○を打つんですよ。

中には間違うものもあるでしょう。

間違いこそ、あなたの伸びしろです

逆に言えば正解した問題なんてどうでもいいんです。(勘で正解した問題は除く)

間違えた問題を、どうできるようにしていくかが大事なわけです。

(要するに○つけは、自分ができないことをはっきりさせるということ)

よく塾でも見かけるのは、間違ったところに赤ペンで正しい答えを書いて終わり。

それ、伸びしろ放置ですよ。むしろ捨ててますよ。

赤ペンで正しい答えを書いておく、なんてのはどうでもいい“作業”です。

きちんと考えながら書いているであればいいですよ。

でも、実際、ただ模範解答を写してるだけ。そんなことよくありますよね。

間違えた問題を分析して、できるようにする。

ここに時間を割くべきなのです。

なぜ間違えたのか。

移項を間違えたのか?

符号をつけ間違ったのか?

かけ算を間違えた?

わり算を間違えた?

(  )の外し方を間違えた?

計算ミスならば、そのミスを次からはしないことを頭に刻まなければなりません。

もしなぜ間違っているのかわからない問題が出てくれば、学校の先生や塾の先生に聞きに行かなければなりません。

だって、のびしろですから。

それができるようになれば、あなたができないことが1つ減ったことになるんですから。

頭をつかわない「作業」に時間をさくのは本当にナンセンスです。

模範解答をコピーして賢くはなれません。「作業」をしてはいけません。
模範解答をコピーする作業はあなたがやらなくてもそのうちAIやらロボットがやってくれます。

○つけしながら「え?なんで間違ったんだろ?」って違和感をもつのです。

違和感をスル―せず、考えるほど、間違いなく伸びます。

脳を眠らせるのではなく、「え?なんで?」の違和感を大事に!

のびしろが目の前に転がってますよ!!

スポンサーリンク



トップへ戻る