中3生物【体細胞分裂と減数分裂の違いとは】

中学で習う生物では「細胞分裂」「体細胞分裂」「減数分裂」と似たような言葉がよくあります。

「細胞分裂、体細胞分裂と減数分裂ってどう違うの??」と疑問を持った人もいるかもしれません。

実際によく出る質問の1つです。

これらを中学理科の範囲から解説していきます。

スポンサーリンク

1.そもそも細胞分裂とは?

細胞分裂とは

1つの細胞が分裂して2つになること

をいいます。

 

そして細胞分裂はさらに2つに分けられます。

それが

体細胞分裂と減数分裂

です。

 

POINT!!

細胞分裂は「体細胞分裂」と「減数分裂」の2種類がある。

 

体細胞分裂とは、体細胞をつくるための細胞分裂です。

減数分裂は、生殖細胞をつくるための細胞分裂です。

このように、そもそもつくられる細胞がちがいます。

 

ちなみに

体細胞・・・・からだをつくっている細胞のこと

生殖細胞・・・生殖をおこなうための専用の細胞のこと

です。

※生殖細胞は動物ならば精子と卵、植物ならば精細胞や卵細胞のこと。

 

 

POINT!!

体細胞分裂では「体細胞」をつくる。

減数分裂では「生殖細胞(精子と卵・精細胞・卵細胞)」をつくる。

スポンサーリンク

2.体細胞分裂をもっと詳しく

体細胞分裂が行われるのは

植物・・・根や茎がのびるときに行われている

動物・・・からだが大きくなる時に行われている

というようなときです。

 

他にも受精卵が成長していく過程(胚の発生といいます)でも起こります。(↓のようなとき)

 

体細胞分裂で気を付けておきたいのは染色体の本数の変化です。

 

▼体細胞分裂のようす(動物の場合)

①では・・・

もとの細胞があります。このときの染色体の本数をx本とします。

 

②では・・・

核が消えて、なかの染色体が現れます。

このときには、染色体は複製されて 2x 本になっています

 

③~⑥では・・・

染色体は2つの細胞に分かれて入っていきます。

 

⑦では・・・

上の細胞の染色体数は x本、下の細胞の染色体数も x本 になっています。

つまり元の染色体数と同じです。

 

POINT!!

体細胞分裂では

・核が消えた直後には染色体が複製される(①→②の間に複製)

・新たな体細胞ができると、体細胞1個あたりの染色体本数は元と同じ。(⑦)

 

スポンサーリンク

3.減数分裂をもっと詳しく

減数分裂が行われるのは

生殖細胞(精子と卵・精細胞・卵細胞)がつくられるとき

です。

 

減数分裂でも気を付けておきたいのは染色体の本数の変化です。

もとの細胞の染色体の本数をx本とします。

 

そして、もとの細胞から2つの生殖細胞ができます。

このとき1つの細胞にもとの半分ずつの染色体が入ります。

左の細胞にはx/2本、右の細胞にもx/2本の染色体が入っていることになります。

 

POINT!!

生殖細胞(精子と卵・精細胞・卵細胞)の染色体数はもとの半分。

 

スポンサーリンク

4.まとめ

■体細胞分裂
体細胞をつくるための分裂。
途中で染色体数が2倍になるが、分裂後の細胞の染色体数は元と同じ。

■減数分裂
生殖細胞をつくるための分裂。
分裂後の生殖細胞の染色体数はもとの半分

コメント

サイト管理者

ScienceTeacher
小中高生に数・理を教えている関西の現役塾講師です。
中学理科を誰よりもわかりやすく解説します。
こちらのオンラインショップにて教材も販売中です
1つ300円以下で販売しております。

タイトルとURLをコピーしました