中3地学

中3地学

中3地学【金星の見え方】

このページでは「金星の見え方・満ち欠けの仕方」「金星はいつどの方角に見えるか」を解説しています。 動画による解説は↓↓↓ チャンネル登録はこちらから↓↓↓ 1.金星 ■金星 地球に最も近い惑星。 ...
中3地学

中3地学【月の満ち欠け】

このページでは月の満ち欠け・見え方について解説しています。 動画による解説は↓↓↓ チャンネル登録はこちらをクリック↓↓↓   1.月とは ■月 地球の衛星。 ※衛星・・・惑星を中心に公転する天体。 月は地球を中...
中3地学

中3地学【太陽系の天体】

1.銀河系と太陽 ■恒星 自ら光輝く天体のこと。 (例) 太陽・北極星・ベテルギウスやシリウスなどの「星座を構成する天体」 ■銀河 恒星が数億~数千億集まった集団のこと。 ...
スポンサーリンク
中3地学

中3地学【季節による太陽の動き】

1.南中高度の公式 ■太陽の南中高度の公式(北半球の場合) 春分(3/20ごろ)・秋分(9/20ごろ) = 90-x 夏至(6/20ごろ)   = 90-x+23.4 冬至(12/20ごろ) = 90-x-23...
中3地学

中3地学【南中高度の求め方】

このページでは太陽の南中高度の公式の紹介とその求め方を説明します。 動画による解説はこちらから↓↓↓ チャンネル登録はこちらから↓↓↓ 1.太陽の南中高度の公式 ■南中高度 太陽が真南の空(天の子午線上...
中3地学

中3地学【日周・年周運動の例題】

1.日周運動と年周運動の違い →【星の日周運動】← / →【星の年周運動】← も参考に。 ■日周運動 星が1時間で15度ずつ動くように見える見かけの動き。 地球の自転が原因。 ...
中3地学

中3地学【星の年周運動】

1.地球の公転 ■地球の公転 地球は太陽を中心に西から東へ1年に360度(1ヶ月で30度)回転している。 北極星側から見て反時計回りに回っている。 2.星の年周運動 ■星の年周運動 太陽や星座...
中3地学

中3地学【季節による星座の見え方】

このページでは、日本付近において春夏秋冬の各季節の様々な時刻に見える星座を判断する方法について解説しています。 動画による解説は↓↓↓ チャンネル登録はこちらをクリック↓↓↓ 1.季節による地球の位...
中3地学

中3地学【星の日周運動】

1.地球の自転 ■地球の自転 地球は地軸を中心に西から東へ1日に360度(1時間で15度)回転している。 北極星側から見て反時計回りに回っている。 2.星の日周運動 ■日周運動 太陽や星座...
中3地学

中3地学【北極星の高度】

1.北極星の高度 ■北極星 地軸を北極側へ延長したところにある天体のこと。 現在はこぐま座α星のポラリス。 ※地球の歳差運動という運動のせいで、数千年後には別の天体が北極星となるかも。 ...
タイトルとURLをコピーしました