中1生物【花のつくり】

スポンサーリンク

1.種子植物

■種子植物
種子でふえる植物。
被子植物と裸子植物の2種類に分かれる。
※テストで「種子」のことを「種(たね)」とは答えないようにしよう!

■被子植物
胚珠が子房に包まれている植物。
胚珠とは種子のもとのこと。

■裸子植物
胚珠が子房に包まれておらずむき出しになっている植物。

「被」は服を着ている、「裸」は服を着ていないということ。
つまり胚珠が包まれているか、そうでないかという違いがあります。
「被」「裸」ともに「ころもへん」です
漢字間違いに注意!

2.被子植物の花のつくり

被子植物の花は次のようなつくりをしています。

赤字で書いている部分の名前を覚えましょう。

※「花びら」はなるべく「花弁」と書くようにしよう。

めしべ、おしべについて詳しく見ると↓の図のように名前がついています。

被子植物の花のつくりは必ず

(中心) めしべ→おしべ→花弁→がく (外側)

という順になっています。

おしべの先端のやくには花粉が入っています。

花粉がめしべの先端の柱頭につくことを受粉といいます。
受粉とは種子をつくるために必要なことです。

受粉後、胚珠は種子へと変化し、子房は果実へと変化します。

■花のつくり
めしべ→おしべ→花弁→がく
という順になっている。

■やく
おしべの先端部分。花粉が入っている。

■柱頭
めしべの先端部分。

■受粉
柱頭に花粉がつくこと
種子をつくるために必要なこと。

■胚珠
種子のもと。
受粉後、種子へと変化する。

■子房
胚珠を包んでいるもの。
受粉後、果実へと変化する。

果実にもさまざまな種類があります。
リンゴの食べる部分は「果実」です。
エンドウの豆を包んでいるさやも「果実」です。
(ちなみに豆は種子)
食用になるものもあれば、ならないものもあるのです。

受粉の仕方

被子植物は「きれいな色の花を咲かせるもの」や「いいにおいのするもの」が多いです。
チューリップやサクラ、ツツジなど…。

これはハチやチョウなどをおびきよせるためです。

ハチは蜜(みつ)を求めて花にやってきます。

きれいな花弁やにおいで、おいしそうな蜜がありそうだな。

蜜を手に入れるために花の中に入ってゴソゴソ。
そのときやくに入っている花粉がハチのからだにくっつきます。

そのハチが別の花に移動して再びゴソゴソ。
このときにくっついていた花粉がめしべの柱頭につきます。

このように虫によって受粉する花を虫媒花といいます。

ほかにも風によって受粉が起こる花は風媒花、水の流れによって受粉が起こる花は水媒花といいます。

タンポポの花のつくり

タンポポの花のつくりを見てみましょう。

これでタンポポの1つの花です。

受粉後、綿毛のついた花に変化するんです。

タンポポも被子植物なので
(中心) めしべ→おしべ→花弁→がく (外側)
となっています。

一見ややこしいですがしっかり覚えましょう。

3.裸子植物の花のつくり

裸子植物の例としてマツがあります。

マツは↓の図のように雌花(めばな)と雄花(おばな)があります。
(きれいな花は咲きません)

マツの花は花弁やがくはなく、うろこのようなりん片が集まってできています。

雌花のりん片、雄花のりん片は↓の図のようになっています。

雌花のりん片には胚珠がついています。
もちろん子房はありません

雄花のりん片には花粉のうがついています。
花粉のうには花粉が入っています。

花粉が胚珠に受粉して、やがて胚珠は種子になります。

ちなみにまつぼっくり(=マツカサ)は種子ができたあとの雌花です。

■このページのポイント

・被子植物のつくりを覚えよう。
・被子植物の花は中心から「めしべ→おしべ→花弁→がく」
・マツの雌花と雄花を見分けられるようにしよう。
・マツの雌花と雄花のりん片を見分けられるようにしておこう。
・漢字にも十分注意して。「被」と「裸」。

トップへ戻る