中2物理【電流回路の基本】

※現在、各ページで間違いがないか総点検中です。

そのためページがつながりにくいケースがございます。

ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

スポンサーリンク

1.電流回路とは

豆電球と導線と乾電池をつなぐと豆電球が光ります。

 

乾電池からでてきた電気の粒が流れているからです。

 

このような電気の粒の流れを電流と言います。

 

電流は電池や電源装置の+極から出て-極に入ります

 

 

 

■回路

導線をつないでできた電気の粒の通る道筋のこと。

 

 

 

■スイッチを開く

スイッチをOFFにすること。

 

 

 

■スイッチを閉じる

スイッチをONにすること。

 

 

 

回路には3つの部分があります。

・電流を流そうとするところ・・・・乾電池・電源装置・発電機・光電池など。

・電流がただ通るだけのとこと・・・導線など。

・電流を利用するところ・・・・・・豆電球・発光ダイオード・モーター・電熱線など。

 

 

スポンサーリンク

2.直列回路と並列回路

■直列回路

下の図のように一本道でつながれている回路のこと。

 

■並列回路

下の図のように枝分かれがある回路のこと。

 

スポンサーリンク

3.電気用図記号

さっきまで見てきた図のような「配線を表す図」。

 

これは専用の記号(電気用図記号といいます)を用いて簡単に表すことができます。

 

その記号のうち、中学校で覚えてほしいものが↓の6つ。

 

 

この記号を使って回路を表したものを回路図といいます。

 

 

 

■回路図の書き方

書き方には次の注意点があります。

導線部分は直線で書こう(曲線は使わない)

ものさしを必ず使う

枝分かれ部分は必ず●を書こう

 

 

 

以上を守って先ほどの直列回路と並列回路を回路図で表します。(↓の図)

 

 

 

▼直列回路

▼並列回路

枝分かれしているところの●を忘れず!

 

 

POINT!!

・電気用図記号を覚えておこう。
・回路図を書くときは

導線部分は直線で書く!(曲線は使わない)

ものさしを必ず使う

枝分かれ部分は必ず●を書く!

 

コメント

サイト管理者

 

NAME:ScienceTeacher

小中高生に数・理を教えている関西の丑年塾講師
中学理科を誰よりもわかりやすく解説します。

 

こちらのオンラインショップにて教材も販売中です。1つ300円以下で、決済方法も多くお買い求めやすくなりました。

 

LINEにて理科の勉強内容の質問や勉強方法の相談も受け付けています。ショップ情報やサイト更新情報も配信中。(手動で返信するので、いつでもすぐ返事できるとは限りません。すぐ返事できるときはしますが、基本的に気長に待てる方限定です。)

 

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました