中2物理【電流回路の基本】

スポンサーリンク

1.電流回路とは

豆電球と導線と乾電池をつなぐと豆電球が光ります。

乾電池からでてきた電気の粒が流れているからです。

このような電気の粒の流れを電流と言います。

電流は電池や電源装置の+極から出て-極に入ります

■回路

導線をつないでできた電気の粒の通る道筋のこと。

■スイッチを開く

スイッチをOFFにすること。

■スイッチを閉じる

スイッチをONにすること。

回路には3つの部分があります。

・電流を流そうとするところ・・・・乾電池・電源装置・発電機・光電池など。

・電流がただ通るだけのとこと・・・導線など。

・電流を利用するところ・・・・・・豆電球・発光ダイオード・モーター・電熱線など。

2.直列回路と並列回路

■直列回路

下の図のように一本道でつながれている回路のこと。

■並列回路

下の図のように枝分かれがある回路のこと。

3.電気用図記号

さっきまで見てきた図のような「配線を表す図」。

これは専用の記号(電気用図記号といいます)を用いて簡単に表すことができます。

その記号のうち、中学校で覚えてほしいものが↓の6つ。

この記号を使って回路を表したものを回路図といいます。

■回路図の書き方

書き方には次の注意点があります。

導線部分は直線で書こう(曲線は使わない)

ものさしを必ず使う

枝分かれ部分は必ず●を書こう

以上を守って先ほどの直列回路と並列回路を回路図で表します。(↓の図)

▼直列回路

▼並列回路

枝分かれしているところの●を忘れず!

POINT!!

・電気用図記号を覚えておこう。
・回路図を書くときは

導線部分は直線で書く!(曲線は使わない)

ものさしを必ず使う

枝分かれ部分は必ず●を書く!

トップへ戻る