中2化学【単体と化合物】

スポンサーリンク

1.純物質と混合物

■純物質
1種類の物質のこと。
水や二酸化炭素、鉄など。
1つの化学式で表すことができる。

■混合物
2種類以上の物質のこと。
水溶液や空気、合金など。
2つ以上の化学式を使わねば表すことはできない

混合物の例としては「水酸化ナトリウム水溶液」などの水溶液があります。
これを化学式で表すには「NaOH」と「H2O」の2種類がいりますね。
このように混合物は2つ以上の化学式を使わなければ表すことはできないのです。

※ただし「塩酸」は例外です
「塩酸」は水に「塩化水素」が溶けた水溶液なので混合物に分類されます。
しかし化学式では「HCl」と1種類の化学式だけで表すことができてしまいます。

2.単体と化合物

■単体
純物質のうち1種類の原子でできている物質のこと。
化学式に1種類の元素記号だけが含まれる
→H2・O2・Cuなど。

■化合物
純物質のうち2種類以上の原子でできている物質のこと。
化学式に2種類以上の元素記号が含まれる
→H2O・CuO・NaOH・NH3など。
※化学式を覚えていれば判断できます。

3.分子をつくる物質

■分子をつくる物質とそうでない物質
中学校で「分子をつくる・つくらない」の意味を理解するのは非常に難しいです。
とりあえず「分子をつくる物質」「つくらない物質」を選択できるようにしましょう。

特に覚えるのは「分子をつくらない物質」です。
それは「金属」「金属を含む化合物」「炭素の単体」です。

■金属の例
Ca・K・Na・Mg・Al・Fe・Cu・Ag・Auを覚えておけばOK。
Ca、Naなどは「え!?金属ぽくない…」と思うでしょうが金属です。

■金属化合物とは
↑の金属を含む化学式を思い浮かべましょう。
NaClとかCa(OH)2やMgOなどです。

■炭素の単体
ダイヤモンドや黒鉛などです。
炭素が集まってできていますが”分子”という呼び方をしません。
※定義によっては”分子”ということもあるようです。

■このページのポイント

・純物質は1種類の化学式で表せる。
・単体の化学式には1種類の元素記号しか含まれていない。
・分子をつくらない物質は「金属」「金属化合物」「炭素の単体」

スポンサーリンク



トップへ戻る