中2化学【還元】

化合については→【化合】←
分解・熱分解・電気分解については→【分解】←
酸化・燃焼については→【酸化(燃焼)】←
化学変化の計算については→【質量保存の法則】← / →【定比例の法則(酸化)】← / →【気体の発生に関する計算】←
化学反応式については→【化学反応式】←
で解説しています。

スポンサーリンク

1.還元

■還元
酸化物が酸素を失うこと。
酸化とは逆の反応。
※「」の漢字間違いに注意!

「還元」とは「元に戻す」意味があります。
「お客様還元セール」というのは客に感謝の気持ちをお返ししますよということ。
理科では「酸化物を酸化前の状態に戻すこと」。
つまり酸化物から酸素が失われる反応のことです。
ただし、酸化物が酸素を失って、その酸素をもらってくれる物質が必要です。
以下にその例を見てみましょう。


■酸化銅の炭素による還元
(反応の様子) 酸化銅+炭素→銅+二酸化炭素

酸化銅は銅になりました。
酸化銅が受けたのは還元という化学変化です。
一方で失われた酸素を炭素がもらい二酸化炭素になりました。
炭素が受けたのは酸化という化学変化です。
このように還元が起こるときには酸化が同時に起こっています。


■酸化銅の水素による還元
(反応の様子) 酸化銅+水素→銅+水

酸化銅は銅になりました。
酸化銅が受けたのは還元という化学変化です。
一方で失われた酸素を水素がもらい水になりました。
水素が受けたのは酸化という化学変化です。
やはり還元が起こるときには酸化が同時に起こっています。


■二酸化炭素のマグネシウムによる還元
(反応の様子) 二酸化炭素+マグネシウム→炭素+酸化マグネシウム

二酸化炭素は酸素を失って炭素になりました。
二酸化炭素が受けたのは還元という化学変化です。
一方で失われた酸素をマグネシウムがもらい酸化マグネシウムになりました。
マグネシウムが受けたのは酸化という化学変化です。
ここでも還元が起こるときには酸化が同時に起こっています。


【注意!】
酸化銀の分解:酸化銀→銀+酸素
この反応では確かに酸化銀は酸素を失っています。
しかし酸素を受け取る物質がありません
還元と酸化が同時に起こっていません。
ですので、この化学変化は「還元」とは呼びませんので注意

2.酸素との結びつきやすさ

酸化銅+炭素→銅+二酸化炭素

この化学変化を見てみましょう。
酸化銅は,炭素に酸素を奪われます。
つまり酸素と結びつきやすい順は炭素>銅です。

二酸化炭素+マグネシウム→炭素+酸化マグネシウム

ではこの化学変化を見てみましょう。
二酸化炭素は,マグネシウムに酸素を奪われます。
つまり酸素と結びつきやすいのはマグネシウム>炭素です。

まとめると

この2つの反応から「酸素と結びつきやすい順番」は
マグネシウム>炭素>銅
という順番ということになりますね。
余裕があれば覚えておきましょう。

3.還元の利用

鉄を取り出すときは、鉄鉱石から取り出します。
鉄鉱石の中でも,酸化鉄の多い赤鉄鉱や磁鉄鉱を利用します。

これらの鉄鉱石にコークス(炭素)を混ぜ合わせ加熱し、酸化鉄を還元して鉄を取り出しています。

しかし、この鉄には炭素が多く混じってしまうので、酸素を吹きこみ炭素を酸化して取り除いています。

このように鉄鉱石とコークスによって還元の反応を利用して鉄がつくられています。

■このページのポイント

・還元が起こるとき、同時に酸化が起こっている。
・「酸化銀→銀+酸素」は還元とは呼ばない。
・「何と何が反応して何が生じるのか?」をしっかり覚えること。

スポンサーリンク



トップへ戻る