【植物の代表例まとめ】

ここでは植物の例のみに的を絞っています。
詳しいことは
→【種子植物の分類】←
→【種子をつくらない植物】←
を参考に。

スポンサーリンク

1.植物の代表例まとめ

■春の七草
ダイコン(すずしろ)・ナズナ(なずな)・ハハコグサ(ごぎょう)・
ハコベ(はこべら)・カブ(すずな)・コオニタビラコ(ほとけのざ)・セリ(せり)

■秋の七草
フジバカマ・ハギ・キキョウ・クズ・ナデシコ・オミナエシ・ススキ

■種子植物-裸子植物
胚珠がむき出しである。
マツ・スギ・イチョウ・ソテツ・ヒノキなど

■種子植物-被子植物-単子葉類
胚珠が子房に包まれている。子葉が1枚。
穀物のなかま・・・・・・イネ・ススキ・ムギ・トウモロコシなど
球根でふえるなかま・・・ユリチューリップなど
水草のなかま・・・・・・ツユクサカナダモなど

■種子植物-被子植物-双子葉類-合弁花類
胚珠が子房に包まれている。子葉が2枚。花弁がくっついている。
キクのなかま・・・・・タンポポヒマワリなど
ウリのなかま・・・・・キュウリ・ヘチマ・スイカなど
ツツジのなかま・・・・ツツジ・サツキなど
ヒルガオのなかま・・・アサガオ・ヒルガオなど
ナスのなかま・・・・・ナス・トマトなど

■種子植物-被子植物-双子葉類-離弁花類
胚珠が子房に包まれている。子葉が2枚。花弁が離れている。
バラのなかま・・・・・サクラ・バラ・ウメなど
アブラナのなかま・・・アブラナ・ダイコンなど
マメのなかま・・・・・エンドウ・ダイズなど
ほかにもホウセンカなど。

■シダ植物
胞子でふえる。根・茎・葉の区別がある。維管束がある。
イヌワラビ・スギナ・ゼンマイ・ノキシノブ・マツバランなど

■コケ植物
胞子でふえる。根・茎・葉の区別がない。維管束がない。
スギゴケ・ゼニゴケ・ミズゴケなど

■菌類
葉緑体はない。有機物を無機物に分解する。胞子でふえる。
シイタケ・マツタケ・アオカビ・クロカビ・コウボ菌など

■細菌類
葉緑体はない。有機物を無機物に分解する。単細胞生物で分裂によりふえる。
乳酸菌・納豆菌・根粒菌など

*虫媒花と風媒花

*ここから先は発展的な内容です。

■虫媒花
花粉が虫により運ばれる。
あざやかな花弁をもつもの全般
※あざやかな花を咲かせることで虫を引き寄せる。

■風媒花
花粉が風により運ばれる。
イネ・ムギ・マツ・スギ・ヒノキなど
※花粉症で有名なものが多い。
※あざやかな花は咲かない。虫をおびき寄せる必要はないため。

*陽生植物と陰生植物

■陽生植物
日なたで生育する植物のこと。
アカマツ・シラカンバ・ヤシャブシ・アカメガシワ・クサギ・ウツギ・ススキタンポポナズナエノコログサなど

■陰生植物
日かげで生育する植物のこと。
アオキ・ヤブソテツ・ドクダミブナシラビソ・多くのシダ植物・コケ植物など。

スポンサーリンク



トップへ戻る