中1生物【種子植物のなかま・その分類】

このページでは「種子植物とはなにか?」「どのような種子植物がいるのか?」を説明しています。

スポンサーリンク

1.種子でふえる植物

■植物のなかまのふやし方

植物は、種子でなかまをふやすもの、種子以外でなかまをふやすものに分けられる。

※種子以外でふえる植物は→【種子をつくらない植物】←で解説中。主に「胞子」でなかまをふやします。

■種子植物

種子でふえる植物。

(中学生になったら”たね”とは言わないようにしよう)

多くのものは花を咲かせる。

2.種子植物の分類

種子植物を2つに分類する

種子植物は被子植物裸子植物に分けられます。

裸子植物・・・胚珠がむき出である植物。

例)マツ・スギ・イチョウ・ソテツ・ヒノキ

被子植物・・・胚珠が子房に包まれている植物。

(被・裸の部首はともに”ころもへん”!)

ちがいは「子房があるかないか」です。

その他にもあざやかな花を咲かせるかどうか、というちがいがあるとも言えます。

(裸子植物の花には花弁が見られないが、被子植物の花には花弁が見られるものが多いです。)

→【花のつくり】←で詳しいつくりを説明しています。

※裸子植物→被子植物の順に地球上に現れたといわれています。

「胚珠がむき出しでキズがつきやすかった」→「胚珠を守る子房ができた」

という進化を遂げた可能性があるわけですね。

被子植物を2つに分類する

被子植物はさらに単子葉類双子葉類に分けられます。

単子葉類・・・子葉が1枚である植物。

例)イネ・ユリ・チューリップ・トウモロコシ・ツユクサ・カナダモ

双子葉類・・・子葉が2枚である植物。

ちがいは子葉が1枚か、2枚か、という点です。

その他にも根・茎・葉で↓の表のような違いがあります。

→【根・茎・葉のつくり】←で詳しく説明しています。

※双子葉類→単子葉類の順に地球上に現れたと言われています。

双子葉類を2つに分類する

双子葉類はさらに離弁花類合弁花類に分けられます。

離弁花類・・・花弁(花びら)が離れている植物。
例)アブラナ・エンドウ・サクラ・ホウセンカ

合弁花類・・・花弁(花びら)がくっついている植物。
例)アサガオ・ツツジ・タンポポ

ちがいは花弁が離れているか、くっついているか、という点です。

※合弁花類→離弁花類の順に地球上に現れたと言われています。

まとめ

まとめると次の図のようになります。

2.*有胚乳種子と無胚乳種子

■胚

種子の中にあり、発芽したのちに植物のからだとなる部分。

胚の一部が子葉となる。

■胚乳

種子の中にあり、発芽のときに必要な養分がたくわえてある部分。

■有胚乳種子

胚乳が大部分を占めている種子。

例)カキ・イネ・トウモロコシ・ゴマ

■無胚乳種子

胚乳の部分が退化している。

その代わりに子葉が種子の大部分を占めていて、発芽の際の栄養分も子葉にたくわえられている

例)マメ科の植物(ダイズなど)・クリ・アサガオ・アブラナ

*この項目は問われることは少ないです。必要に応じて覚えましょう。

トップへ戻る