中1化学【密度】

スポンサーリンク

1.密度

■密度
物体の単位体積あたり(ほとんど1cm3あたりまたは1Lあたり)の質量。
単位は
[g/cm3 (グラム毎立方センチメートル) ]
[g/L (グラム毎リットル) ]
など。

人口密度という言葉がありますね。
「人口密度が高い」=「人がたくさん集まってる」=ぎゅうぎゅう
「人口密度が低い」=「人がほとんど集まっていない」=スカスカ
という違いがありますよね。

理科での「密度」も同じです。
「1cm3」や「1L」という大きさの中にどれだけその物質がつまっているか、という数字です。
同じ形、同じ大きさの発泡スチロールと鉄では
発泡スチロールはスカスカ
鉄はぎゅうぎゅう
につまっています。

つまり発泡スチロールの密度は小さく、鉄の密度は大きいということになるのです。

密度は次のように求めます。
$$密度(g/cm^3)=\frac{質量(g)}{体積(cm^3)}$$

1Lあたりで考えているなら
$$密度(g/L)=\frac{質量(g)}{体積(L)}$$

となります。

それだけではなく

$$質量=体積×密度$$
$$体積=\frac{質量}{密度}$$

という計算もできるようにしましょう。

2.水に浮く・沈む

■水の密度
水の密度は1g/cm3
これ以外の物質の密度は覚える必要はない。

■水に浮く・沈む物体
水に浮く物体・・・スカスカ=密度が水(1g/cm3)より小さいもの
水に沈む物体・・・ぎゅうぎゅう=密度が水(1g/cm3)より大きいもの

3.密度のグラフの見方

次のグラフはある物体A~Hの体積と質量を測定したものを表しています。

このグラフのポイントは「各点に向かって原点から直線を引く」ことです。
この場合は↓のようになりますね。

ここから①~③の3つを覚えておきましょう。

同じ直線上にある物体は「同じ材質(物質)」でできている

→例えばAとH,BとE,CとG,はたがいに同じ材質のものからできている物体です。

傾きが急な直線ほど密度は大きい
→例えば最も密度が大きい物質はD、小さい物質はFです。

水の密度は1g/cm3
→例えばAとHは密度が1g/cm3になるので水です。

AとHを通る直線より
・傾きが大きい「B・D・Eを通る各直線」は水に沈む材質でできている。
・傾きが小さい「C・F・Gを通る各直線」は水に浮く材質でできている。


以上を押さえれば定期試験はOKです。

■このページのポイント

・密度は「ぎゅうぎゅう」または「スカスカ」を表している。
・密度に関する公式を覚えよう。
・密度のグラフの問題は「原点から各点に向かって直線を引く」こと。

トップへ戻る