中1化学【金属と非金属】

このページでは「金属・非金属とは何か」「金属の性質」について解説しています。

動画による解説は↓

中1化学【金属と非金属】

チャンネル登録はこちらから↓

 
スポンサーリンク

1.金属と非金属

■金属

次の性質①~⑤をもつ。

性質① みがくと金属光沢(ピカピカしていること)があらわれる。

性質② 
を伝えやすい。
※「熱伝導性が高い」ともいう。

性質③
 電気を通しやすい。
※「電気伝導性が高い」ともいう。

性質④
 たたくとうすく広がる
※「展性がある」ともいう。

性質⑤ 
たたくと細く延びる
※「延性がある」ともいう。

 

ここで注意点。

金属はすべて「磁石に引き寄せられる」と思い込んでいる人がいます。

 

しかしこれは大きな間違い。

金属の中で磁石に引き寄せられるものは鉄とニッケルです。

アルミニウムや銅など、磁石に引き寄せられない金属はたくさんあります!

 

■金属の代表例

以下の10個を覚えていれば大丈夫。

カルシウム・カリウム・ナトリウム・マグネシウム・アルミニウム・亜鉛・鉄・銅・銀・金

 

※金属の覚え方

①漢字に「」が入っている。※かねへん

②「~ウム」という名前。※ヘリウムは非金属。

■非金属

有機物(ゴム・プラスチックなど)のすべて・ガラス・食塩など。

非金属の中でも黒鉛は電気を通します。

黒鉛は炭素でできている物質で、シャーペンの芯や鉛筆の芯に使われています。

「鉛」という漢字や「電気を通す」ことから金属と勘違いする人が多いです。

気を付けましょう。

スポンサーリンク

2.アルミ缶とスチール缶

アルミ缶・・・アルミニウムでできている。

スチール缶・・・鉄でできている。

 

どちらも金属ですが一点違いがあります。

それはスチール缶のみ磁石で引き寄せられるという点です。

(鉄は磁石に引き寄せられるので)

 

見分けたいときは磁石を近づけてみれば、

引き寄せられなかった方→アルミ缶

引き寄せられた方→スチール缶

とわかります。

 

スポンサーリンク

3.合金

■合金

2種類以上の金属が混ざった物質のこと。
[合金の代表例] ※余裕があれば覚えましょう。

ステンレス・・・鉄とクロムの合金。さびにくい。

黄銅・・・・・・銅と亜鉛。加工しやすい。

青銅・・・・・・銅とスズ。とてもかたい。

ジュラルミン・・アルミニウム+銅+マグネシウム+マンガン。軽くて丈夫。

はんだ・・・・・スズと鉛。融点が低いので液体にしやすい。

 

 

POINT!!

・金属の5つの性質を覚えよう。

→ ①金属光沢 ②熱 ③電気 ④展性 ⑤延性

 

・金属の代表例10個を言えるようになろう。

→ ①漢字に「」が入っている。※かねへん

→ ②「~ウム」という名前。※ヘリウムは非金属。

コメント

  1. 忘れていたことを改めて知った。

    • 工藤雄太郎様
      コメントありがとうございます。
      お役に立てれば幸いです。
      また機会があればご覧ください。

  2. どれが金属に分類分けされるのか、周期表を見ても悩むことが多々あります…。
    それと、合金の種類もわからなくなることが多いので、すごくわかりやすかったです。

    ただ、磁石への反応が「引き寄せられたほう→アルミ缶」「引き寄せられなかったほう→スチール缶」と逆になっています。

    また、利用させていただきます。

    • 名無し様
      コメントありがとうございます。
      ご指摘ありがとうございます。
      修正させていただきました。
      またいつでもご利用ください。

サイト管理者

ScienceTeacher
小中高生に数・理を教えている関西の現役塾講師です。
中学理科を誰よりもわかりやすく解説します。
こちらのオンラインショップにて教材も販売中です
1つ300円以下で販売しております。

タイトルとURLをコピーしました