中3地学【月の満ち欠け】

スポンサーリンク

1.月とは

■月
地球の衛星
衛星とは惑星を中心に公転する天体
月は地球を中心に公転している。

2.月の満ち欠け

月は自ら光を放つ天体ではありません。

ではなぜ光って見えるのかというと太陽の光が当たっているからです。

地球上の観測者は、それをいろんな方向から見るため、さまざまな形に見えます。

月の公転している様子を北極の上空から観測すると↓のようになっています。

太陽が右にありますので、その太陽光が月や地球にあたる様子を表すと↓のようになります。


↓のようにAの位置にある月を考えます。
観測者から見ると太陽光の当たっていない面のみを向けています。
つまり
「空には浮かんでるけど(太陽光が当たっていないから)見ることはできない」
という月です。
この状態の月を新月といいます。


そこから約3日後には、月はおよそ45度公転します。
↓のようにBの位置にある月は
観測者から見ると左隅に太陽光の当たっている部分が見えます。
この月は、新月から約3日後に見えるので三日月といいます。


さらに3日後。
↓のようにCの位置まで月は好転します。
この月は観測者から見ると月の右半分に太陽光が当たって光って見えます。
この月は上弦の月といいます。


このように太陽から遠ざかるにつれ、月の光っている部分は大きくなっていきます。


↓のようなDの位置の月を考えます。
観測者から見ると左隅だけが欠けて見えます。


↓のEの位置にある月。
この月は、観測者から見ると太陽光の当たっている面のみを向けています。
つまり完全な円の形に見えます。
この月を満月といいます。


↓のFの位置にあるときでは・・・
観測者から見て右隅が欠けて見えます。


↓のようなGの位置にあるとき。
観測者から見ると月の左半分に太陽光が当たっているので、月の左側が光って見えます。
この月は下弦の月といいます。


↓はHの位置にあるときです。
観測者から見て右隅が光って見えます。
この月は「三日月」と呼ばないことに注意

まとめ

太陽との位置関係から
月の形を書けるようにしましょう。

名称を覚えるのは赤字のものだけで大丈夫。

月の公転周期はおよそ1ヶ月です。
なので満ち欠けの周期(新月から新月まで)もおよそ1ヶ月です。(↓の図)

※実際は・・・
・月の公転周期は27.3日
・月の満ち欠けの周期は29.5日
ずれがあるのは月が公転している間、地球も公転しているからです。
詳しくはこちら →【月の公転周期】← にのせています。

3.月の見える時刻・方角

時刻や方角の決め方は→【季節による星座の見え方】←も参照してください。

明け方

↓の図は明け方の観測者から見た東西南北です。
東の空であれば新月
西の空であれば満月
南の空であれば下弦の月
が見える可能性があります。
(いつでも見えるわけではない)


真夜中

↓の図は真夜中の観測者から見た東西南北です。
東の空であれば下弦の月
西の空であれば上弦の月
南の空であれば満月
が見える可能性があります。

夕方

↓の図は夕方の観測者から見た東西南北です。
東の空であれな満月
西の空であれば新月
南の空であれば上弦の月
が見える可能性があります。

4.日食・月食

■食
天体が太陽や惑星などに隠される現象。
(例)日食・月食・木星食など。

■日食
日が食われる=太陽が欠けて見える現象。

地球と太陽の間に月があるときに日食が起こります(新月の位置関係)。

部分日食・・・太陽の一部が月に隠れる。
皆既日食・・・太陽のすべてが月に隠れる。
金環日食・・・太陽のふちの部分だけが輪のように見える。

■月食
月が食われる=月が欠けて見える現象。
月が欠ける=月に光が当たっていないということ。

月、地球、太陽という位置関係のときに月食が起こります(満月の位置関係)。

※新月(満月)のときには毎回日食(月食)が起こるのか?
起こりません。
月の公転面と地球の公転面は同一平面上にはなく、
月の公転面は地球の公転面に対して斜めを向いているためです。

■このページのポイント

・太陽との位置関係から月の形を書けるように。
・それぞれの月の見える時刻、方角を言えるように。

スポンサーリンク



トップへ戻る