中2地学【天気記号】

スポンサーリンク

1.気象観測とその方法

さまざまな実験や観測では、その当日の気象条件を記録しておくことが多くあります。

どのような気象条件を記録しておくのでしょうか。

大まかには

①大気圧 ②気温 ③湿度 ④風向 ⑤風力 ⑥天気

の6つを記録しておきます。

各気象要素は次のように測定します。

①大気圧(気圧)

アネロイド気圧計などで測定。

大気圧の詳細は→【大気圧】←を参考に。

②気温 と ③湿度

乾湿計を使って記録する。

乾湿計での測定方法は→【湿度・乾湿計】←を参考に。


※気温の測定の注意点

地表に近すぎると地表面が持つ熱の影響を受ける。

そのため、地表から1.2m~1.5mの高さで測定を行う。

また直射日光が当たらず、風通しの良い場所で測定する。


④風向 と ⑤風力の観測

風向は、風向計やけむりなどで風がどの方角からやってくるかを調べる。

風力は、風力階級表をもとに決める。

風向・風力の詳細はこのページの下に。

⑥天気の観測

空を見て、空全体を10としたときの雲量を観測する。

雲量の詳細はこのページの下に。

■百葉箱

温度計などが入っている白塗りでよろい戸の箱。

野外に置かれている。

白く塗られているのは太陽光を反射し、箱の中に熱が入らないようにするため。

よろい戸になっているのは、箱の中の風通しを良くするため。

学校の校庭などでは百葉箱が設置されていることも多く、百葉箱の中の温度計を使って気温を測定するなどします。

2.天気記号

■天気を表す記号

天気は雲量で決まる。

観測地点の空全体を10としたとき雲の占める割合が

・0~1のとき・・・快晴

2~8のとき・・・晴れ

・9~10のとき・・・くもり

・雨が降っていれば・・・雨

※晴れの雲量だけしっかり覚えておこう。

それぞれを表す記号は↓のようになる。

■風向

風がどこからやってくるかを表す。

例えば

「北風」は北から吹く風、

「偏西風」は西から吹く風、

「北西の季節風」は北西から吹く風

である。

■風力

風の強さ。

等圧線の間隔がせまいほど風力は大きい

全部で13段階。

↓のように表される。

ある観測地点で、

天気がくもり、風向が北、風力が4

であった。

これを天気記号を用いて表せ。


(答)

まず天気を表しましょう。(↓の図)

次に風向が北ですから北に向かってまっすぐな線を引きます。(↓の図)

そして風力が4であることを表します。

羽を4つつけるのですが

時計回りの方向からつけていく

ことを覚えておきましょう。(↓の図)

■前線を表す記号

前線には4種類がある。

前線のでき方や性質については→【温帯低気圧】←を参考に。

この記号には意味がある。

印のついている方がこれから前線が進んでいく方向である。

POINT!!

トップへ戻る