中3化学【酸とアルカリ】

スポンサーリンク

1.酸

■酸
電離して水素イオンHを生じる物質。

■酸の性質
・電解質であり、その水溶液は電気を通す。
・BTB溶液が黄色に変化。
・青色リトマス紙が赤色に変化。
多くの金属と反応し水素を発生させる

■酸の代表例
名称が「○○酸」となっている。
塩酸:HCl → H+ Cl
硫酸:H2SO4 → 2H + SO42-
硝酸:HNO3H + NO3
酢酸:CH3COOH → H + CH3COO
炭酸:CO2 + H2O → 2H + CO32-
すべて電離して水素イオンHが生じている。

2.アルカリ

■アルカリ
電離して水酸化物イオンOHを生じる物質。

■アルカリの性質
・電解質であり、その水溶液は電気を通す。
・BTB溶液が青色に変化。
・赤色リトマス紙が青色に変化。
・フェノールフタレイン溶液が赤色に変化。
・さわるとぬるぬるしている。

■アルカリの代表例
名称が「水酸化●●」となっているものが多い。

水酸化ナトリウム:
NaOH → NaOH

水酸化バリウム:
Ba(OH)2 → Ba2+ + 2OH

水酸化カルシウム(石灰水になる):
Ca(OH)2 → Ca2+ + 2OH

アンモニア:
NH3 + H2O → NH4OH
すべて電離して水酸化物イオンOHを生じている。

3.pH

■pH(ピーエイチ)
酸性、アルカリ性の強さを表すための数値。
酸のpHは7より小さい
アルカリのpHは7より大きい
中性の場合のpHは7

■pH試験紙
その物質のpHによって色が異なる。
大まかに
pHが7より低い(酸性)と赤色や黄色。
pHが7のときは緑色。
pHが7より高い(アルカリ性)と青色。

指示薬まとめ

4.酸とアルカリの実験

次のような装置を使って酸には本当に水素イオンが、アルカリには本当に水酸化物イオンが関係しているかを調べます。
↓の装置は簡単な電気分解の装置のようなものです。
硝酸カリウム水溶液でしめらせたろ紙をクリップで止め、クリップに導線をつないでいます。
そこに赤色リトマス紙、青色リトマス紙を2枚ずつ置きます。

硝酸カリウム水溶液は電気を通しやすくするために用います。

塩酸を使った実験

↓の図のように真ん中に塩酸をしみこませた糸をたらしておきます。

塩酸は電離によって水素イオンと塩化物イオンが生じています。(↓の図)

このとき、
陽極には陰イオンである塩化物イオンが
陰極には陽イオンである水素イオンが
近づきますね。(↓の図)

水素イオンには青色リトマス紙を赤色に変える力があります。
よって左上の青色リトマス紙が赤色に変化するのです。(↓の図)

水酸化ナトリウム水溶液を使った実験

↓の図のように真ん中に水酸化ナトリウム水溶液をしみこませた糸をたらしておきます。

水酸化ナトリウム水溶液には電離によってナトリウムイオンと水酸化物イオンが生じています。(↓の図)

このとき、
陽極には陰イオンである水酸化物イオンが
陰極には陽イオンであるナトリウムイオンが
近づきますね。(↓の図)

水酸化物イオンには赤色リトマス紙を青色に変える力があります。
よって左上の赤色リトマス紙が青色に変化するのです。(↓の図)

■このページのポイント

・酸=水素イオンを生じている、アルカリ=水酸化物イオンを生じていることを必ず覚えよう。
・指示薬は正確に。必ず覚える。

スポンサーリンク



トップへ戻る