【金属の性質まとめ】

スポンサーリンク

1.主な金属の性質

■金属に共通する性質
金属光沢をもつ。
②電気伝導性がある。(電気をよく通す)
③熱伝導性が大きい。(熱をよく通す)
④展性、延性がある。(たたくとうすく広がる(展性)・のびる(延性))

■金属・非金属の見分け方(覚え方)
①漢字で「金」は入っている・・・銀・銅・鉛・亜鉛など。
②「~ウム」という名前・・・カルシウム・マグネシウムなど。
※ヘリウムのみ金属ではない。

■カリウムK
常温で水と激しく反応して水酸化カリウムKOHになる。
肥料の三大元素(リンP・窒素N・カリウムK)の1つ。
イオンになるとKという1価の陽イオン。

■カルシウムCa
常温で水と反応し水酸化カルシウムCa(OH)2となる。
イオンになるとCa2+という2価の陽イオン。
※消石灰・・・水酸化カルシウムCa(OH)2のこと。
※生石灰・・・酸化カルシウムCaOのこと。
※石灰石・・・炭酸カルシウムCaCO3のこと。

■ナトリウムNa
常温で水と激しく反応して水酸化ナトリウムNaOHとなる。
灯油の中などで保存される。
イオンになるとNaという1価の陽イオン。

■マグネシウムMg
銀白色の金属。
空気中で加熱すると強い光を出して酸化(燃焼)する。白色の酸化マグネシウムMgOが生じる。
うすい塩酸や硫酸と反応し水素H2が発生する。
イオンになるとMg2+という2価の陽イオン。

■アルミニウムAl
銀白色の金属。
空気中で加熱すると酸化アルミニウムAl2O3となる。
うすい塩酸や硫酸と反応し水素H2が発生する。
さらにアルカリとも反応し水素H2が発生する。
イオンになるとAl3+という3価の陽イオン。

■亜鉛Zn
銀白色の金属。
空気中で加熱すると酸化亜鉛ZnOとなる。
うすい塩酸や硫酸と反応し水素H2が発生する。
さらにアルカリとも反応し水素H2が発生する。
イオンになるとZn2+という2価の陽イオン。

■鉄Fe
銀白色の金属。
磁石に引き寄せられる。
細い繊維状にしたものをスチールウールといい、空気中で熱すると強い光を出して酸化する(燃焼)
鉄の酸化物には3種類あってそれぞれFeO・Fe2O3・Fe3O4と表される。ややこしい。
うすい塩酸や硫酸と反応し水素H2が発生する。

■銅Cu
赤色(または赤褐色)の金属。
空気中で加熱すると黒色の酸化銅CuOとなる。
うすい塩酸や硫酸とは反応しない。(イオン化傾向が小さいため)
イオンになるとCu2+という2価の陽イオン。

■銀Ag
銀白色の金属。
うすい塩酸や硫酸とは反応しない。(イオン化傾向が小さいため)
イオンになるとAgという1価の陽イオン。

その他の金属の性質まとめ

■覚えておきたいイオン化傾向
イオン化傾向とは・・・
その原子がどれだけイオンになりやすいかを順に並べたもの。
すべて陽イオンになるものばかりである。

■両性金属
酸ともアルカリとも反応する金属のこと。
アルミニウムAl亜鉛Zn(・スズSn・鉛Pb)
※(  )は中学理科では覚えなくてもよいかも。

■燃焼する金属
スチールウール(鉄Feを細い繊維状にしたもの)・マグネシウムMg

■磁石に引き寄せられる金属
鉄Fe(・コバルトCo・ニッケルNi)
※(  )は中学理科では覚えなくてもよいかも。

■炎色反応
物質を炎に入れると、炎の色が変化する場合がある。
この現象を炎色反応という。
以下の金属のイオンが含まれていると炎の色が変わる。
(以下の金属以外でも、非金属でも炎色反応は起こります。)
Na:黄色  K:赤紫色  カルシウム:橙色  Ba:黄緑色  Cu:青緑色

スポンサーリンク



トップへ戻る