中2生物【草食・肉食動物】

スポンサーリンク

1.草食・肉食動物のちがい

■草食動物と肉食動物

ここではほ乳類における草食動物と肉食動物についてのみ考えます。

 

 

草食動物とは、植物を食べることで生活している動物。

例えばシマウマやキリン、ウマ、ウサギ、シカ、ウシなど。

 

 

肉食動物とは、他の動物を食べることで生活している動物。

例えばライオンやヒョウ、チーターなど。

 

 

 

同じほ乳類なので基本的な構造は同じですが、食べるものが違うため、からだの各部分でやや特徴が異なります。

 

 

 

ここではそのちがいを理解しておきましょう。

 

 

 

■草食動物や肉食動物の頭骨

↓のようになっており、口の中には入り口から順に門歯・犬歯・臼歯がある。

ウマのような草食動物とライオンのような肉食動物とではどの歯が発達しているか異なる。

 

 

 

草食動物の特徴

▼草を食べるので・・・

臼歯が大きく発達している

→ 草をすりつぶすため

 

・門歯もそこそこ発達している。

→ 草をかみ切るため。

 

腸が長い
→ 草に含まれる細胞には細胞壁があるので、消化に時間がかかってしまうため
(また草の中の栄養分は少ないため、栄養分のとり残しがないように時間をかけて吸収する。)

 

 

 

▼肉食動物に食べられないようにするために・・・

・目が横向きについている。

→ 広い範囲を見ることができて、敵(肉食動物)を発見しやすいという利点がある

 

・あしにはひづめ(固い大きなつめ)がついているものが多い。

→ 敵(肉食動物)から逃げるために、長距離を走りやすくなっている。

 

 

 

肉食動物の特徴

▼肉を食べるので・・・

犬歯が大きく発達している

→ えものをしとめやすく(肉をきりさきやすく)するため

 

・臼歯もそこそこ発達している。
→ 肉を引きちぎりやすくするため。

 

腸が短い
→ 肉にふくまれる細胞には細胞壁がないので、草に比べると消化しやすいため
(肉の中の栄養分は多く、一度に多くの栄養分を吸収できる。)

 

 

 

▼他の動物をつかまえやすくするために・・・

・目が前向きについている。

→ せまい範囲しか見れないが、立体的に見えやすく、えもの(草食動物)との距離感をつかみやすいという利点がある。

 

・あしにはするどいつめがある。
→ えもの(草食動物)をしとめやすくなっている。

 

 

 

まとめると・・・

▼発達している歯

草食動物:臼歯  肉食動物:犬歯

草をすりつぶすか、肉をきりさくかのちがい。

 

 

 

▼目のつき方

草食動物:横向き  肉食動物:前向き

広い範囲が見えるか、立体的に見やすいかのちがい。

 

 

 

▼腸の長さ

草食動物:長い  肉食動物:短い

草は消化に時間がかかる、肉は消化に時間がかからないのちがい。

 

 

 

以上の3点のちがいを最低限、覚えておきましょう。

 

 

 

POINT!!

食べるもののちがいで以下の特徴がある。

・肉食動物は「犬歯が発達」「目が前向き」「腸が短い」。

・草食動物は「臼歯が発達」「目が横向き」「腸が長い」。

コメント

作成者Profile

NAME:ScienceTeacher

小中高生に数・理を教えている関西の丑年塾講師。
中学理科を誰よりもわかりやすく解説します。

こちらのオンラインショップにて教材も販売中です。1つ300円以下で、決済方法も多くお買い求めやすくなりました。

LINEにて理科の勉強内容の質問や勉強方法の相談も受け付けています。ショップ情報やサイト更新情報も配信中。

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました