中2化学【原子と分子】

スポンサーリンク

1.原子

■原子
物質を構成する最小の粒子。

以下のような構造をしている。

電子 … -の電気を帯びた粒。

原子核… 陽子(+の電気を帯びた粒)中性子からなる。

陽子と電子の数は等しい。これを「電気的に中性」という。

※中3化学のイオンの単元で重要なことばです。

■ドルトンの原子説

イギリスの学者ドルトンさんが「原子というものが存在しますよ」と提唱した説。

主な内容は以下。

・物質はすべて原子という粒子が集まってできている。

・原子は種類によって固有の大きさ、質量をもつ。

化学変化の前後で、原子はなくなったり、新しくできたり、別の種類のものに変わることはない


■元素記号(原子記号)

原子をアルファベット1文字または2文字で表したもの。

必ず先頭は大文字

■周期表

原子をその性質に沿って表に並べたもの。

メンデレーエフさんがそのもとをつくった。

赤字で書いている原子はその記号を書けるようにしておこう。
※原子番号1番~20番までは順番も覚えておこう。
※ちなみに陽子の数の順番=原子番号としてその番号順に並んでいます。

2.分子

■分子
性質を示す最小の粒子。原子が集まってできている。
アボガドロさんが提唱した。

ショートケーキは砂糖や生クリーム、小麦などからできています。

砂糖や小麦を見て「これはショートケーキだ!」って言いませんよね。

砂糖や小麦や生クリームなどが集まってはじめて「ショートケーキ」としての性質を持つわけです。

ショートケーキ=分子として考えると砂糖や小麦=原子です。

原子は材料にしかすぎず、それ単独では性質を示しません

原子が集まってはじめて性質を持ちます

その集まりを分子と呼びます。

※なかには原子単独で性質を示すものもあります。


■化学式

物質を元素記号と数字を用いて表したもの。

化学式の意味を必ず理解しましょう。

例えば H2O は水の化学式です。

ここで小さい数字「2」がついていることに注目。

小さな数字は直前の原子が何個あるかを表しています

ただし「1」は省略してあります

つまりH2Oは本当はH2O1ということで

・H原子(水素原子)が2個

・O原子(酸素原子)が1個

集まってできているということです。

Na2CO3 の場合。(炭酸ナトリウムという物質の化学式)

「1」が省略されていることを考えると「Na2C1O3」となります。

小さな数字は直前の原子の個数を表しますから

・Na(ナトリウム)原子が2個

・C(炭素)原子が1個

・O(酸素)原子が3個

集まってできているということです。

覚えるべき化学式

以下は必ず暗記!


*のついているものは中3から暗記でもOK。

POINT!!
・元素記号と化学式を暗記しよう。
・化学式の”小さな数字”は「直前に書いてある原子の数」を意味する。

コメント

  1. より:

    とても分かりやすくて勉強に役立ちました。ありがとうございます😊

トップへ戻る