中2生物【無せきつい動物】

せきつい動物については→【せきつい動物】←を参考に。

スポンサーリンク

1.無せきつい動物

■無せきつい(脊椎)動物とは
背骨(=せきつい)がない動物。
せきつい動物より多い種が存在する。
基本的には卵生・変温動物が多いが、無性生殖をおこなうものも存在する。
※無性生殖については→【無性生殖】←を参考に。

■主な無せきつい動物
・節足動物・・・あしに節がある。
・軟体動物・・・内臓が外とう膜でおおわれている。
・その他・・・・環形動物・海綿動物・輪形動物など。

2.節足動物

■節足動物とは
あしにがある。※関節のようなものをイメージしよう。
またからだが殻でおおわれている(外骨格という)。
昆虫類・甲殻類・クモ類・多足類の4種類に分かれる。
卵生・変温動物である。

■昆虫類
からだが頭部・胸部・腹部の3つに分かれている

胸部には3対(6本)のあしがある。
腹部と胸部にある気門で呼吸をしている。
例)バッタ・モンシロチョウ・カブトムシ・アリなど。
クモは昆虫ではないので注意!

■甲殻類
からだが頭胸部と腹部の2つに分かれている。(頭部・胸部・腹部の3つに分かれているものもいる)

腹部には5対(10本)のあしがある。
水中で生活するものが多いので、えらや皮膚で呼吸をしている。
例)エビ・カニ・ザリガニ・ミジンコダンゴムシ
※特にミジンコ・ダンゴムシが間違えやすいので注意!

■クモ類
からだが頭胸部と腹部の2つに分かれている。

腹部には4対(8本)のあしがある。
※昆虫類と異なる点です!
例)クモ・ダニ・サソリ

■多足類
あしがたくさんある。
例)ムカデ・ヤスデ

3.軟体動物

■軟体動物とは
あしに節がなく、筋肉でできている。
内臓は外とう膜でおおわれている。
ほとんどがえら呼吸をしている。
卵生・変温動物である。
例)イカ・タコ・マイマイ・ナメクジ・アサリ
イカ&タコ&カタツムリ&貝のなかまと覚えておきましょう。

4.その他の軟体動物

無せきつい動物は非常にたくさんの種類が存在します。
そのすべてを覚える必要はありません。
その他にあてはまるものとして
ウニ・ヒトデ・ナマコ・クラゲ・イソギンチャク・ミミズ
などがあります。
これらは軟体動物と間違えやすいです。
軟体動物ではないということを覚えておくことが重要です!

■このページのポイント

・節足動物の特徴は外骨格とあしに節があること。
・軟体動物の特徴は内臓をおおう外とう膜があること。
・節足動物の中でも昆虫類・甲殻類をよく覚えておこう。
・軟体動物の代表例を覚えておこう。
・ウニ・ヒトデ・ナマコ・クラゲ・イソギンチャク・ミミズは節足動物でも軟体動物でもない、ということを覚えておこう。

スポンサーリンク



トップへ戻る