中2地学【海陸風】

スポンサーリンク

1.海陸風

■海風

海岸沿いの地域でに吹く風。

海から陸に向かって吹く。

 

 

 

■陸風

海岸沿いの地域でに吹く風。

陸から海に向かって吹く。

 

 

 

2.海陸風が吹く原理

■風

気圧の差によって生じる。

気圧の高い方から低い方へ向かって吹く。

※詳しいことは→【気圧と風】←を参考に。

 

 

 

海陸風を考えるには

・風は気圧の高い方から低い方へ吹く

・陸はあたたまりやすく、冷めやすい

・海はあたたまりにくく、冷めにくい

という点を押さえておく必要があります。

 

 

 

これを踏まえたうえで昼の場合、夜の場合にわけて海陸風を考えてみましょう。

 

 

 

昼の場合

まず晴れた昼間を考えます。昼間は太陽が出ているため、陸や海をあたためます。

 

 

 

しかしそのあたたまりやすさにはちがいがあり、

・陸はあたたまりやすい

・海はあたたまりにくい

というちがいがあります。(↓の図)

 

よって陸の方が海よりも熱をもっています

 

ここで陸の熱がその付近にある空気に少しずつ伝わります。(↓の図)

 

あたためられた空気は膨張します。(体積が大きくなる)

 

つまり軽くなり(密度が小さくなり)、上昇していきます。(↓の図)

 

 

空気が上昇するということは・・・

 

 

 

陸から空気がはなれていくので、陸の気圧が下がることになります。

 

 

 

それに比べると海側は気圧が高いということになります。(↓の図)

 

 

風は気圧の差が生じたときに吹きます。

 

 

気圧の高い方から低い方へ吹くんでしたね。(↓の図)

 

このように海から風が吹きます。

 

 

 

よって海風といいます。

 

 

 

※風の名前は「風がどこから吹くか」をもとにつけられています。

北風・・・・北から吹く風

偏西風・・・西から吹く風

北西の季節風・・・北西から吹く風

海風・・・・海から吹く風

という感じです。

 

 

 

夜の場合

次に晴れた夜間を考えます。

 

 

 

夜間は太陽が沈んでいるため、昼間にたくわえられた熱が空へ放出されます。

 

 

 

しかしその放出のされ方にはちがいがあり、

・陸は冷めやすい

・海は冷めにくい

というちがいがあります。(↓の図)

 

よって海の方が陸よりも熱をもっています

 

 

 

ここで海の熱がその付近にある空気に少しずつ伝わります。(↓の図)

 

あたためられた空気は膨張します。(体積が大きくなる)

 

 

 

つまり軽くなり(密度が小さくなり)、上昇していきます。(↓の図)

 

空気が上昇するということは・・・

 

 

 

海から空気がはなれていくので、海面上の気圧が下がることになります。

 

 

 

それに比べると陸側は気圧が高いということになります。(↓の図)

 

風は気圧の差が生じたときに吹きます。

 

 

 

気圧の高い方から低い方へ吹くんでしたね。(↓の図)

 

 

 

このように陸から海に向かって風が吹きます。

 

 

よって陸風といいます。

 

 

 

明け方や夕方

明け方や夕方は、夜から昼、昼から夜へと切り替わるタイミング。

 

 

 

風の向きが変わるタイミングなので、一瞬風が止まります。

 

 

 

これを凪(なぎ)といいます。

 

 

 

明け方の凪を朝凪、夕方の凪を夕凪といいます。

 

 

 

 

■凪

海岸沿いの地域で、明け方や夕方の風がやむタイミングのこと。

明け方の凪を朝凪、夕方の凪を夕凪という。

 

 

 

3.海陸風と夏・冬の天気

この海陸風と同じ理屈で日本の夏・冬には季節風が生じます。

※季節の詳しい特徴は→【日本の四季の天気】←を確認してください。

 

 

 

海陸風の考え方の

陸→ユーラシア大陸

海→太平洋

昼→夏

夜→冬

と置き換えて考えてください。

 

 

 

夏の場合

陸→ユーラシア大陸・・・あたたまりやすい

海→太平洋・・・・・・・あたたまりにくい

というちがいがあります。(↓の図)

 

 

そのため

陸→ユーラシア大陸・・・気圧が低い

海→太平洋・・・・・・・気圧が高い

というちがいがあります。

 

 

 

このとき太平洋で生じる高気圧を太平洋高気圧といいます。(↓の図)

 

 

 

よって太平洋からユーラシア大陸に向けて風が吹くことになります。

 

 

 

あたたかく湿った風です。

 

 

 

これが夏に吹く南寄りの季節風です。(↓の図)

 

 

 

冬の場合

陸→ユーラシア大陸・・・冷めやすい

海→太平洋・・・・・・・冷めにくい

というちがいがあります。(↓の図)

 

 

そのため

陸→ユーラシア大陸・・・気圧が高い

海→太平洋・・・・。・・気圧が低い

というちがいがあります。

 

 

 

このとき大陸側で生じる高気圧をシベリア高気圧といいます。(↓の図)

 

 

よってユーラシア大陸から太平洋に向けて風が吹くことになります。

 

 

 

冷たく乾燥した風です。

 

 

 

これが冬に吹く北寄りの季節風です。(↓の図)

 

 

 

このように海陸風の原理が原因となって

・・・小笠原気団が勢力をもち、南寄りの季節風が吹く

・・・シベリア気団が勢力をもち、北寄りの季節風が吹く

ことになります。

 

 

※季節の詳しい特徴は→【日本の四季の天気】←を確認してください。

 

 

POINT!!

・陸(ユーラシア大陸)はあたたまりやすく、冷めやすい。

・海(太平洋)はあたたまりにくく、冷めにくい。

・空気があたためられる→上昇する→気圧が下がる(低気圧)。

・風は気圧の高い方から低い方へ吹く。

コメント

  1. コメントくださった方、ありがとうございました。
    修正しました。

作成者Profile

NAME:ScienceTeacher

小中高生に数・理を教えている関西の丑年塾講師。
中学理科を誰よりもわかりやすく解説します。

こちらのオンラインショップにて教材も販売中です。1つ300円以下で、決済方法も多くお買い求めやすくなりました。

LINEにて理科の勉強内容の質問や勉強方法の相談も受け付けています。ショップ情報やサイト更新情報も配信中。

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました